外食や自炊も選べて観光も出来る

合宿免許に参加する時、どこに滞在するかで食事も変わってきます。食事付きだと多少料金は高くなりますが、教習が終わってすぐに食べられるので便利です。好きな物を食べたいという場合は、外食や自炊というプランも選べます。外食だと食事はかかりますが、好きな物が食べられます。ただし地域によっては、飲食店が限られることがあります。

自炊は自分の食べたい物を料理するので、好みの味付けや量も調整できます。しかし平日は拘束時間も長く、毎回3食自炊はきついと感じることがあります。料理が得意なら自炊もいいですし、部屋に冷蔵庫があればまとめて作り置き出来るので、毎回作らなくても済みます。面倒なら食事付きプランで申し込めば、用意しなくても毎日3食食べられます。

外食の場合、教習所から食事券をもらい、近所の飲食店の食べに行くというスタイルもあります。食事券が使用出来る店は限られますが、プロが作った美味しい料理が食べられるのはメリットです。合宿免許中の食事については、ある程度選べるので好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

滅多に行けないところの、郷土料理を目当てに合宿所を決めるのも人気となっていますので、観光スポットが近くにあるところもおすすめです。合宿期間が短く、平日がタイトスケジュールであっても、しっかりお休みはありますので、観光スポットが近い教習所であれば、存分にリフレッシュできるはずです。料理が美味しいうえに、休日は観光地で遊べるので、ほとんど飽きることなく常に新鮮な気持ちで免許取得が見込めるでしょう。

合宿免許の場合は期間も短いですし、いつもと違った環境の中で教習を受けることになるので、いつまでも新鮮な気持ちでやる気の維持が可能となります。

また、観光地の教習所などでは教習の合間や休日などを利用してリフレッシュも可能なので、飽きてしまうこともないでしょう。

一緒に免許取得を目指す仲間達と親交を深め、教習生活を終了してもその仲は続くはずです。かけがいのない仲間が出来て、免許も取得できるなんて合宿免許は本当にオススメといえます。


どんな料理があるの?

合宿免許はどこのエリアを選ぶかによって、内容も変わってきます。教習についてはほとんど変わりはありませんが、違うのは食事です。その土地により特産品や名物が違うので、普段食べられない郷土料理や名物料理が食べられるのも楽しみにしている人は少なくないでしょう。

北海道ならラーメンや新鮮な魚介類、ジンギスカンなどが有名です。秋田ならきりたんぽ、盛岡ならわんこそばや冷麺、山形ならブランド牛を使った肉料理なども食べられます。郷土料理が運営している寮に宿泊場合は、歓迎会や卒業祝いとして、地元で採れた新鮮な食材を使った料理を振舞ってくれるところもあります。

最近はブッフェスタイルも人気となっていて、3食全てブッフェにして、好きな物が食べられるというのを売りにしているところもあります。宇都宮は餃子、香川はうどんなど、その土地の名物料理が食べられるのも楽しめる要素です。

卒業祝いに豪華な食事を振舞うところも多いので、卒業という目標のほかに、美味しい料理が食べられるという楽しみが加わるとやる気も出ます。料理が美味しい教習所で探すといろんな特徴があるので、好みに合わせて選んでみてください。食事が美味しくて、料金もお手頃価格なら尚いいでしょう。


食事が自慢の施設

合宿免許でどこに宿泊するかによって、滞在中のモチベーションが変わってきます。メインの目的は免許取得ですが、約2週間という長い時間を楽しく過ごすには、食事が美味しいところを選ぶのがおすすめです。料理自慢の教習所もたくさんありますので、料理で選ぶこともできます。

教習所と同じ敷地内にある寮なら、食事付きというところが多いので、料理が美味しいと評判のところを探してみてください。寮ではなくホテルやアパートやマンションで食事なしの場合は、近くのレストランや飲食店に食べに行くことになります。こういう場合は近くにおいしい料理が食べられる店があるかどうかチェックしておきましょう。

ラーメンがおいしい地域は、ラーメン屋もたくさんあるので、滞在中にラーメンの食べ比べなどもできます。教習所が運営している寮では、週末に郷土料理を振舞ったり、バーベキューをしたりとイベントをすることもあります。

ブランド牛で有名なところは、美味しい肉料理が食べられますし、海の近くなら新鮮な魚介類やシーフード料理が食べられます。地域によっていろんな料理があるので、料理で合宿地を選ぶのもいいかもしれません。中には毎日バイキング形式で、好きな物が食べられるというところもあります。


合宿免許の楽しみ

合宿免許は短期間で教習を終え卒業することができます。教習所に通うよりも短い期間で卒業できますし、予約を取る必要もなく、毎日集中して教習を受けるので上達も早いなどメリットは多いです。期間はだいたい2週間前後です。学生なら夏休みの間に免許を取得するということもできます。

合宿免許で宿泊する場所は、教習所によって異なります。教習所の近くのホテルや寮、教習所と同じ敷地内にある宿泊施設などどこに宿泊するかによっても、滞在中の利便性は変わってきます。教習所と同じ敷地内にある寮を利用する場合は、食事付きというところが多いです。

合宿免許の間、週末は休みですが、平日はかなりタイトスケジュールになります。拘束時間も長くなりますので、食事の時間が楽しみになることも多いです。この場合はやはりおいしい料理が食べられる方がいいので、料理が美味しいと自慢の寮や宿泊施設を選びましょう。

合宿中は平日はほとんど休みなく教習を受けますので、自炊プランを選ぶと、料理する気力がなく、カップ麺やコンビニ弁当になってしまう可能性があります。食事代はかかりますが、食事の時間になったらおいしい料理が食べられるところなら、料理も後片付けもしなくて済むので便利です。

合宿中は休日もありますが、平日はほとんど休みがありません。夜は自由時間もありますが、場所によっては遊びに行くスポットがなく退屈です。こういう時も食事を楽しみにすれば、滞在中楽しく過ごせます。